スポンサーリンク
LIFEフィッシング

最強釣り時計 G-SHOCK GBX-100-1JF レビュー1(タイドグラフ機能編)G-LIDE

GBX-100 LIFE
スポンサーリンク
  • G-SHOCKのGBX-100でタイドグラフを見れるらしいけど、どんな画面なんだろう…。
  • タイドグラフ画面は、公式ホームページにも載ってないし…。

CASIOから発売されているG-SHOCK G-LIDE GBX-100-1JF

釣りやサーフィン等、海のレジャーや海のお仕事をされていて、タイドグラフ付き腕時計をお探しの方でG-SHOCK GBX-100に興味を持たれたかたも多いのではないでしょうか?

たくさんの機能を持つ時計ですが、今回はタイドグラフ機能に絞って紹介したいと思います。

この記事でわかること
  • CASIO G-SHOCK G-LIDE GBX-100のタイドグラフ機能
    →画面の写真も交えながらご紹介
スポンサーリンク

G-SHOCK GBX-100のタイドグラフ

G-SHOCK GBX-100のタイドグラフ表示画面は、全部で3種類の表示画面があります。

各画面ごとに表示項目を説明します。

GBX-100
時刻表示画面

タイドグラフ画面1

GBX-100
  1. タイドポイント
  2. 日の出・日の入り時刻
  3. 満潮干潮時刻・潮位(右の矢印で満潮か干潮かを示す)
  4. 月齢
  5. タイドグラフ(現在は実線になる)
  6. 潮(右に振れると大潮 左で小潮)
  7. 現在時刻・日付

タイドグラフ画面2

GBX-100
  1. タイドポイント
  2. 満潮・干潮時刻とその潮位
  3. タイドグラフ(現在は実線になる)
  4. 現在時刻

タイドグラフ画面3

GBX-100
  1. タイドポイント
  2. 日の出時刻
  3. 日の入り時刻
  4. 月齢
  5. 現在時刻

タイドポイントの設定

G-SHOCK GBX-100のタイドポイント設定等様々な設定は、「G-SHOCK MOVE」というスマートフォンアプリを使用して設定するのがおすすめです。

なの
なの

G-SHOCK MOVEは、操作が簡単で使いやすいです。

アプリ画面

アプリの画面は、こんな感じです。

G-SHOCK MOVE
G-SHOCK MOVEのタイドグラフ画面

アプリダウンロード

下記ボタンからアプリをダウンロードできます。

Androidの方はこちら↓

iPhoneの方はこちら↓

プリセットタイドポイントについて

プリセットタイドポイントについてご紹介します。

プリセットタイドポイントとは

G-SHOCK GBX-100には、あらかじめタイドポイントが登録されていて、ご自身の設定したタイドポイントが登録されていれば、地方名が表示される仕様になっています。

このあらかじめ登録されたタイドポイントのことを「プリセットタイドポイント」といいます。

CASIOの発表によると、世界で33,000のタイドポイントがプリセットされているようです。

最寄りのタイドポイントを探す

  • 自分が設定したいタイドポイントは、アプリ内にプリセットされてるかな…?

そんな風に思われる方も、多いのではないでしょうか。

東京・愛知三重・大阪・九州・全国(縮小)の設定画面を貼っていますので、参考にされてください。

東京周辺のタイドポイント

G-SHOCK MOVE
関東周辺タイドポイント設定画面

愛知三重周辺のタイドポイント

G-SHOCK MOVE
愛知・三重周辺タイドポイント設定画面

大阪周辺のタイドポイント

G-SHOCK MOVE
大阪周辺タイドポイント設定画面

九州周辺のタイドポイント

G-SHOCK MOVE
九州周辺タイドポイント設定画面

全国周辺のタイドポイント

G-SHOCK MOVE
全国タイドポイント設定画面
なの
なの

タイドポイントがプリセットされてなくても、MAPをタップして任意の場所を設定することができます。ただし、その際は地域名ではなく、経度・緯度がタイドポイント名になります。

まとめ

この記事では、タイドグラフ機能についてご紹介しましたが、G-SHOCK GBX-100には、SNSや電話着信通知や歩数計、アクティビティ計測等様々な機能が搭載されています。

軽量で、液晶もとても見やすいので、普段使いのスマートウォッチとしてもおすすめの時計です。

電波時計ではありませんが、スマートフォンと連動して時刻合わせも行っているようです。

ダイソーの釣り具に関してこちら↓でご紹介しています。

スポンサーリンク
nanoをフォローする
スポンサーリンク
nanoblog(なのブログ)
タイトルとURLをコピーしました