スポンサーリンク
InkscapeLINEスタンプイラスト

【図解】InkscapeでPNG出力〜LINEスタンプ作成〜

line_png Inkscape
スポンサーリンク

LINEスタンプをInkscapeで作成している方向けに、PNG出力の手順をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめです。

イラストをInkscapeで作成したけど、PNGで出力するにはどうしたらいいんだろう…。

この記事を読むと以下のことがわかります。

  • LINEスタンプの規格
  • Inkscapeで用紙サイズを変更する方法
  • Inkscapeで透過する方法
  • InkscapeでPNG出力(エクスポート)する方法
  • 完成したスタンプの確認方法
スポンサーリンク

LINEスタンプの規格

LINEスタンプとして出力するには、規格に沿って作る必要があります。

一口にLINEスタンプといっても、アニメーションスタンプ等様々な種類があり、それによって規格も変わってきますが、この記事では、通常のLINEスタンプの規格に沿ってご紹介していきます。

LINE公式ガイドラインによると、必要なものとその出力サイズは以下の通りです。

  1. メイン画像(.png)
    →サイズ : 横240px × 縦240px
  2. スタンプ画像(.png)
    →サイズ : 横370px × 縦320px(最大)
  3. トークルームタブ画像(.png)
    →サイズ : 横96px × 縦74px

スタンプ画像、最大で40個作ることができます。40個未満にしたい場合は、8個/16個/24個/32個の中から選択できます。

メイン画像トークルームタブ画像については、1個の作成でokです。

LINEスタンプ作成時には、サイズ以外にも以下のことに注意しておく必要があります。

  • PNG出力すること
  • 透過すること
  • 余白を持たせること

「PNG出力すること」と「透過すること」については、後ほど具体的な手順をご紹介しますので、ここでは、「余白を持たせること」についてご紹介します。

スタンプ作成時に「イラストを枠ギリギリまでもっていきたい!」という方もいるかもしれませんが、以下のガイドラインにもあるように枠より10px程度内側に収まるようにする必要があります。

トリミングされた画像の外枠とコンテンツの間には10pxぐらいの余白が必要です。

LINE CREATORS MARKET https://creator.line.me/ja/guideline/sticker/

なので、イラストは少し余裕をもって収めるようにしましょう。

PNG出力(エクスポート)する方法

LINEスタンプの規格が分かったところで、早速PNG出力(エクスポート)していきます。

PNG出力(エクスポート)までの流れをざっくりまとめると以下のようになります。

  • 用紙サイズの変更と透過
  • イラストを用紙サイズに合わせる
  • PNG出力(エクスポート)する

※InkscapeでのPNG出力(エクスポート)手順についてご紹介します。

今回は、LINEスタンプ規格の最大サイズでLINEスタンプを作っていきます。

用紙サイズの変更と透過

まず用紙サイズの設定をして、スタンプ作成の準備をしていきます。

スタンプは最終的に透過して出力する必要があるので、透過設定も同時に行います。

手順1. 「ドキュメントのプロパティ」を選択

Inkscapeのメニューバー「ファイル」から「ドキュメントのプロパティ」を選択します。

line_png

手順2. 用紙サイズを指定

カスタムサイズ」をLINEスタンプの規格「横370px×縦320px」に設定します。

手順3. 透過設定

格子柄の背景」にチェックを入れると背景を透過した状態になります。

line_PNG

イラストを用紙サイズに合わせる

[選択ツール]を使って、用紙に収まるように、イラストを調整します。

手順1. 画像をファイルに貼り付ける

別ファイルでイラストを描いた場合は、そのイラストをコピーして貼り付けます。

手順2. イラストの選択

[選択ツール]を選択して、イラストを全体をクリックします。

手順3. グループ化する

イラストをグループ化していない場合は、イラスト全体を選択したままグループ化します。

line_png

手順4. イラストの縮小

イラストを選択すると、四隅に矢印がでてくるので、その矢印を動かして縮小していきます。

line_png
なの
なの

Ctrlキーを押しながら矢印を動かすと、縦横比を固定して縮小できます。

PNG出力(エクスポート)する

完成したイラストを「.png」として出力(エクスポート)していきます。
出力する前に「上書き保存」しておくことをおすすめします。

手順1. 「PNG画像にエクスポート」を選択

メニューバー「ファイル」から「PNG画像にエクスポート」を選択します。

line_png

手順2. エクスポート先を選択

ページ」タブを選択し、「エクスポート先」をクリックすると、下写真中の右画面が出てきます。

保存先フォルダに移動して、「ファイルの種類」が「ポータブルネットワークグラフィック(*.png)」になっていることを確認して、「保存」をクリックします。

line_png
なの
なの

今回は、「image.png」という名前で保存しました。

手順3. エクスポートする

エクスポート先の設定が終わったら、「エクスポート」をクリックします

line_png

スタンプの確認方法

スタンプが完成したら、きちんと出力できているかを確認していきます。

既にLINE CREATORS MARKETでクリエイター登録している場合は、簡単にスタンプを確認できる機能があります。

手順1. LINE CREATORS MARKETにログイン

LINE CREATORS MARKETにログインしして、画面左下の「作ったスタンプをチェックしよう!」というボタンをクリックします。

手順2. スタンプシュミレーターを使ってみる

スタンプシュミレーターを使ってみる」をクリックして、シュミレーターを開きます。

line_png

手順3. スタンプをチェック

シュミレーターが開いたら、スタンプ画像をシュミレーターにドラッグアンドドロップしてスタンプを確認していきます。

line_png

確認して、okであればスタンプ完成です。

まとめ

この記事では、Inkscapeで作成したイラストをPNG出力(エクスポート)方法をご紹介しました。

LINEスタンプの規格に沿って、PNG出力(エクスポート)してみてください。

スポンサーリンク
nanoをフォローする
スポンサーリンク
nanoblog(なのブログ)
タイトルとURLをコピーしました