スポンサーリンク
LIFEフィッシング

釣り・アウトドアに最適!ワークマンおすすめアイテム3選 (WORKMAN) おしゃれ長靴 防水サファリシューズ等

LIFE
スポンサーリンク

作業服からアウトドアまで幅広いアイテムを展開するワークマン。

最近特にアウトドアアイテムの充実は、「もうワークマンだけでいいんじゃない?」という勢いですが、今回特に釣り(スーパーライトショアジギング)に使ってみて気に入ったアイテムを紹介させていただきます。

防水サファリシューズ グレー
ワークマン防水シューズ(WORKMAN waterproof shoes)
全天候型防水シューズ ワークマン 防水サファリシューズ グレー
スポンサーリンク

防水サファリシューズ (税込み1500円)

防水サファリシューズとは

まずはおしゃれ長靴代表、全天候型防水シューズ 防水サファリシューズ(グレー)です。合成ゴム製です。今シーズンから履き口に合皮を巻き痛くなりにくい様に改良されたようです。

サイズ・カラー展開について

サイズはcm刻みではなく「S,M,L,LL,3L」です。

カラーはメンズとレディースで違いがあり、メンズは確認できただけで、ブラック・カーキ・グリーン・グレー(新色?)のようです。

防水サファリシューズ グレー
ワークマン防水シューズ(WORKMAN waterproof shoes)
ワークマン 防水サファリシューズ グレー

防水機能について

公式サイトによると地面から7cmまでまでは浸水しない構造になっています。

防水サファリシューズ グレー
ワークマン防水シューズ(WORKMAN waterproof shoes)
ワークマン 防水サファリシューズ 7cmまで浸水しません

通常の雨程度では浸水することはなさそうです。

着用イメージ

着用イメージです。ジーンズとあわせてみても違和感のないデザインに仕上がってます。雨の日の通勤やお買い物で使用してもいいのではないでしょうか?

立体構造(3D構造)インソール(税込み880円)

立体構造(3D構造)インソールとは

「歩くことが多い方に最適!」という触れ込みのインソールです。

最大の特徴はかかと部分に使用されているジェルクッションです。

動きっぱなしの仕事の方の足の疲れを軽減するということは、当然キャンプや釣りでランガン時にも効果を発揮すると思われます。

商品写真(ジェル使用部分紹介等)

左がインソールの裏面、右が表面になります。かかと部分のジェルがかなり広範囲に使用されているようです。表面は黒で様々な靴に合いそうですね。

サイズ調整方法

切り込み線の写真です。今回は「L」でしたので、切って使用することで、26cmから27cmまで対応します。

立体構造(3D構造)インソール
ワークマンインソール(WORKMAN insole)

使用イメージ

防水サファリシューズと立体構造(3D構造)インソールを合わせてみました。防水サファリシューズの履き心地アップして、アウトドアがより楽しめ、釣果アップ等につながりそうです。

立体構造(3D構造)インソール
ワークマンインソール(WORKMAN insole)

イージス防水バケットハット(税込み1500円)

イージス防水バケットハットとは

防水機能(Water Proof 耐水圧10,000mm 透湿度5,000g/平方メートル/24h)をもっています。サイズ59cm。色はブラック・オリーブ・ブルー・ネイビーの4色で税込み1500円です。

イージス防水バケットハット
ワークマン防水帽子(WORKMAN防水ハット)
イージス防水バケットハット

「AEGIS」のマークも入っております(反射材使用)

イージス防水バケットハット
ワークマン防水帽子(WORKMAN防水ハット)
イージス防水バケットハット

アウトドアを楽しんでいる時に急な雨は付き物で、少々の雨であればこれで安心です。普段使用でも違和感のないデザインだと思います。

まとめ

今回紹介したアイテム、とりわけ「防水サファリシューズ」+「立体構造(3D構造)インソール」は磯釣りや砂地・泥地での釣りのランガンに抜群効力を発揮できそうです

疲れなければ長時間の釣りにも対応できますし、結果としして釣果につながることになりそうです。

他にも雨上がりのキャップ地やガーデニング・雨の通勤など様々な用途に使用していけそうです。

この価格で素晴らしいアイテムを提供してくれるワークマンさんに感謝です。

ワークマン公式サイト
作業服・安全靴のことなら【ワークマン】。全国で800店舗を突破し、小売でダントツのNo.1シェア。商品カタログ、店舗網、企業・IR情報を紹介します。当社の作業用商品カタログは業界標準になっており、読み応えバツグンの90ページ以上。
スポンサーリンク
nanoをフォローする
スポンサーリンク
nanoblog(なのブログ)
タイトルとURLをコピーしました