LIFE

スーパーマリオブラザーズ ワンダー レビュー[Nintendo Switch] Super mario bros. wonder

スーパーマリオブラザーズ ワンダー レビュー[Nintendo Switch] LIFE
スーパーマリオブラザーズ ワンダー レビュー[Nintendo Switch]
  • 「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」気になるけど、どんなゲーム?
  • 「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」買ってみたいけど、ゲーム初心者だから、できるか不安だな…

そんな方の疑問にお答えします。

ゲーム初心者にとって、ゲーム買ったはいいけど、難しすぎて全然楽しめなかった…なんてことは避けたいですよね。

そんなゲーム初心者の方にこそ、見ていただきたい記事になっていますので、ぜひ最後まで見ていって下さい。

スポンサーリンク

スーパーマリオブラザーズ ワンダーとは

「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」とは、ファミリーコンピュータ(通称:ファミコン)のソフトとして1985年に始まった「スーパーマリオブラザーズ」シリーズの最新作[Nintendo Switch]です。

2023年10月に発売されて、発売前から話題になっているソフトです。

Nintendo Switchをまだ持ってないという方は、こちら↓から。

スーパーマリオブラザーズ ワンダーレビュー

では、早速「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」レビューの内容に入っていきます。

  • 最初に、「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」を一言で表すなら、「ゲーム初心者にこそ遊んでほしいゲーム」です。

ゲーム初心者でも楽しめる工夫がたくさんされているので、十分楽しめます。

私が初心者でも楽しめると思った点を6つにまとめました。

1.ダメージを受けないキャラを使える

通常、ゲームを進めていく中で、敵キャラに当たった場合、ダメージを受けて、マリオが小さくなったり、死んでしまったりします。

敵キャラは、一番なじみのあるところで言うと、「クリボー」や「ノコノコ」ですね。

  • 今回の「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」では、ダメージを受けないキャラを使うことができます

ダメージを受けないキャラを使うと、敵キャラのダメージを気にすることなくゲームを進められるので、難しいコースでも安心して進むことができます。

ダメージを受けないキャラも、5種類のキャラから選ぶことができるので、気分に合わせてプレイすることができます。

2.コースを選べる

今までの「スーパーマリオブラザーズ」シリーズだと、ルートが決められていて、そのコースをクリアしないと次のコースに行けないということがありました。

  • 今回の「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」では、決められた範囲内ではありますが、自分の行きたいコースを選んでプレイできます。

例えば、行けるコースが5つあって、1つは難しくてゴールできなかったけど、そのまま先に進むみたいなことができたりします。

なの
なの

コースの難易度表示があるので、簡単なコースから進めることができます。

今までの「スーパーマリオブラザーズ」シリーズであれば、このコースクリアできないから先に進めない…みたいなことが起こったりしていました。

つまり、全てクリアしないとラスボスに到達できないみたいな感じです。

今回の「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」では、全部のコースをクリアしなくても、条件が揃った場合には、ラスボスに行くことも可能です。

つまり、行き方は1つじゃないってことですね。

3.「バッジ」が使えるようになった

  • 今回の「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」では、「バッジ」というものを使えるようになりました。

「バッジ」にはそれぞれ効果がついていて、つけるとそれぞれの効果を使うことができます。

例えば、「帽子パラシュート」という「バッジ」をつけると、帽子をパラシュートのように使って、ふわっと飛ぶことができます。

これによって、より遠くに飛んでいけるようになるなど、コースクリアを手助けをしてくれる効果になります。

「バッジ」でクリアできる範囲が広がる

「バッジ」を使うことで、クリアできる範囲がとても広がります。

例えば、普通のジャンプでは届かないけど、この「バッジ」をつければ届くみたいことがあったりします。

「バッジ」には色々な種類がありますが、人によってこれが使いやすいみたいなものがあったります。

好みに合わせて、使いやすい「バッジ」でコースをクリアしていくことができます。

なの
なの

コースに合わせてどのバッジがいいかなと考えるのも楽しかったりします。

4.クッパの前でセーブできる

コースを進めていくと、各ステージのボス(クッパと戦うところ)に行きつきます。

今までの「スーパーマリオブラザーズ」シリーズであれば、コース中のセーブポイントは1つで、コースの中間地点のみでした。

今回の「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」では、中間地点に加えて、コース最後のクッパと戦う前にもセーブ地点があります。

  • つまり、今回の「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」では、クッパにやっつけられても、またクッパと戦うところから再開することができます。

これの何が嬉しいかというと、クッパにやっつけられても、中間地点からの再開ではなく、クッパと戦うところから再開できるというところです。

クッパと戦うというのは一大イベントで、正直コース最後のクッパに出会うまでの道のりも結構大変だったりします。

汗水垂らしてクッパにたどり着いたと思ったら、やっぱりクッパに倒されて再チャレンジ。

これまでの「スーパーマリオブラザーズ」シリーズであれば、その再チャレンジする時に、中間地点からの再開になります。

なの
なの

頑張ってクッパにたどり着いたけど、また中間地点からの再開で、途中でやられてしまうなんてこともしばしば…。

今回の「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」では、そんなことがなく、コース最後のクッパとの戦いから再開できます。

これで、クッパを倒せる確率が高くなります。

5.1UPキノコが買える

ここまで、初心者が楽しめる工夫を見てきて、

  • 私の初心者っぷりは、そんなものではありません。
  • 何回も死んでしまうかもしれません。

そう思われた方もいるかもしれません。そんな方も、安心してください。

  • 1UPキノコ(マリオの数が増えるキノコ)がコインで買えます。

コースには、「コイン」と「フラワーコイン」という2種類のコインがちりばめられていて、どちらも集めるとお得が満載です。

「フラワーコイン」を集めると、ゲーム内のお店で1UPキノコを買うことができ、たくさんのマリオを獲得できます。

ちなみに、「コイン」を集めても、100コインで1UPするので、コースにチャレンジしていくほど、マリオが増えるしくみができています。

  • コイン集めだけじゃ足りないくらい死んでしまう初心者なんですが…

それでも大丈夫です。

持っている全てのマリオがいなくなったら、一旦ゲームオーバーになってしまいますが、1UPキノコをもらえたり、ザックザックコインがもらえたりと、超初心者の方でも安心して楽しめます。

6.協力プレイできる

「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」は、Joy-Conをおすそわけすれば、最大4人までおすそわけプレイができます。

  • 自分一人でクリアが難しい場合には、みんなで一緒にプレイして助け合うことで、クリアしやすくなったりします。

家族や友達と一緒に楽しみながら遊ぶことができます。

なの
なの

おすそわけプレイは、結構盛り上がりますね。

ゲーム上級者も楽しめる?

ここまで、「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」は、ゲーム初心者におすすめのゲームだとお話してきました。

では、ゲーム上級者の方は楽しめないのかというと、そうではありません。

ゲーム上級者の方も十分楽しめる内容だと思います。

スペシャルなワールドや隠しコースなど、色々な要素が満載で、やりこんでいくとかなりボリュームもあると思います。

まとめ

この記事では、「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」をレビューしてみました。

とても楽しくて、時間を忘れてプレイするくらい面白いソフトです。

小さなお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで、家族全員で楽しめます。

Nintendo Switchをまだ持ってないという方は、こちら↓から。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
nanoblog(なのブログ)